自動車の安全の発展

安全性を考慮した自動車へ

自動車の安全性の進化について

自動車の進化はめまぐるしく、最近では自動運転なども市場に発売されつつあります。そんな進化が大きい自動車の注目が大きいのは、安全性についてです。高齢者が運転して交通事故やブレーキとアクセルの踏み間違えなどがニュースになっています。これらの事故を少なくするためにも、安全性を考慮したシステムの開発が行われています。例えば、自動で前の障害物などを感知し、ブレーキがかかる仕組みや、停車中から急発進しようとしても発信しないなどといった仕組みが搭載されてきており、安全を考慮した自動制御システムが発展してきています。

安全性が高い自動車の安心感

近年、自動車業界において力を入れている技術の一つに様々な安全装備があります。はじめはエアバッグの標準装備からでした。やがてABSが標準装備されるようになり、これからは衝突を防止するための自動制御装置など、カメラとセンサー技術を駆使した技術が標準装備化されるようになっていくと思われます。自動車の安全性が高まることは、ドライバーにとっても、また歩行者にとっても良いことばかります。年間1万人近くの人が交通事故で死亡している現実を考えると、一日も早く全車標準装備するべきでしょうし、現在オプションとなっている場合は、費用はかかりますが、極力装備することが大切だと思います。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車の安全性の高まり All rights reserved