自動車の安全のために

自動車メーカーの取り組み

自動車メーカーが取り組む安全性

自動車メーカーは安全性に関する性能の開発を続け、交通事故の可能性を下げてきました。しかしながら、車の性能は走行性能および快適な乗り心地を追求することが交通事故の可能性を高めながら、横滑り防止装置や自動ブレーキ、アンチロックブレーキ、車線逸脱警報、車間距離観測装置などのテクノロジーから、衝突安全ボディ、エアバッグ以外にも衝突時に被害者へのダメージを軽減する軽量ボディーなど様々な工夫が行われています。軽量ボディーは燃費性能向上にも役立ちます。バックモニターや全周囲モニターなどの監視システムも充実し、事故を減らすための工夫は自動車メーカーのテーマですが、車を操るのが人間である以上、安全性を担保するには限界があるため、個人個人の意識が高くなると事故が減るのでしょう。

自動車の安全性に頼ることの問題

ヨーロッパの高級車の安全性能日本の自動車よりも高い性能で、早くから導入されています。近年は国産車でも自動ブレーキや車線逸脱警報、障害物センサーなど物や人にぶつからないための性能が高まりました。国産車の安全性能が向上したことで、車線変更やバックの際の事故が減ったというデータがあります。自動車の先進化は事故を減らす貢献をしています。一方で、それらの性能に頼る運転者が、目視での確認を怠り、死角から来る人や自転車等との接触事故が減らない事実もあります。また、経年劣化で十分な性能を発揮しないなどの懸念も持たれるので、目視の重要性が高いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車の安全性の高まり All rights reserved