国産と輸入の自動車

安全性の高い自動車を選ぶ

自動車の安全性と燃費を比較

自動車の安全性を比較すると国産車よりも輸入車の方が高い傾向が見られます。輸入車でも、ヨーロッパの車が高い安全装備が搭載されています。輸入車の場合、従来から大排気量でハイパワーの車両が多く、それだけに危険性も高くなることから、安全走行に対する考え方は国産車よりも高く、現在では国産車でも、一定レベル以上の自動車であれば、搭載されるようになりましたが、輸入車の場合早くから搭載されていました。ただ、燃費性能を考えに入れると、圧倒的に国産車のメリットが高く、部品単価やメンテナンスコスト、車両価格を考えると国産車で安全性能の高い車両を選ぶメリットが高いでしょう。

安全性を重視した自動車に乗って

自動車は機種や装備を兼ね備えたものがたくさん登場していますが、安全性に関してもそれぞれのメーカーによって年々進化してきています。あるものは一定の速度以上で走っている時、前方の車に接近すると自動でとまるような仕組みがあります。蛇行運転を感知してドライバーに知らせたりできるのです。また点検やメンテナンスをこまめに行い、不備を未然に防ぐ事も安全に繋がります。しかし自動車の安全性でとても大事な事は車を運転するドライバーの運転マナーと運転技術です。その為日頃から誰もが運転中は周囲を意識して安全運転を心がけることが大切なのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車の安全性の高まり All rights reserved