自動車の性能と安全

自動車の安全性の高まり

自動車の安全性能とドライバー

日本の自動車の安全性能は欧米諸国を追いつけ追い越せです。自動ブレーキや障害物センサーなど、ドライバーのサポートを行うセーフティ技術が導入されています。今後、自動運転技術などの最先端技術が開発されると衝突事故を未然に防ぐことが可能となるかもしれません。しかし、交通事故は相手がいる場合もあり、また気象が原因で起こることもあります。どれだけ、自動ブレーキの性能が向上しても、ドライバーの気持ちのブレーキがかからなければ、事故の可能性を低くすることはできません。交通弱者にとって自動車が走る凶器であることを忘れると安全性を担保することはできません。

自動車の安全性は向上している

最近の自動車の安全性が飛躍的に向上しています。その中でも注目されているのが自動ブレーキシステムに代表されるようなクルマが自動で危険を感知し、事故を回避してくれるシステムです。これはセンサーやカメラの技術の進歩によるところが大きいのですが、人間が判断するよりも早くクルマのほうが的確に危険を察知することができるとされています。高齢者がブレーキとアクセルを間違って起こす事故などが後を絶たないので、特に高齢ドライバーが乗る自動車には、このような自動ブレーキシステムなどが搭載されている安全性の高いクルマを選ぶと安心です。

↑PAGE TOP

Copyright © 自動車の安全性の高まり All rights reserved